まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

「リペア」だけではまつ毛を弱らせる!?まつ毛のために定期的な「リムーブ」を

2018.06.27 | ライフスタイル

まつ毛エクステンションを続けるに当たって、必要不可欠なのがメンテナンスです。メンテナンスには「リペア」と「リムーブ」の2種類が存在します。「リペア」ばかり行なっていると、まつ毛を弱らせてしまう原因になってしまうって知っていましたか?「リペア」と「リムーブ」の両方のメンテナンスでまつ毛エクステンションを美しく維持しましょう。

リペアとリムーブって何?

まずは、まつ毛エクステンションのメンテナンス方法でである「リペア」と「リムーブ」について、それぞれご説明します。

まつ毛エクステンションの付けたし「リペア」

装着したまつ毛エクステンションが少なくなってきた頃に、以前装着していたまつ毛エクステンションはそのまま活かして、抜けて隙間が空いた部分を重点的に、新しいまつ毛エクステンションを追加して装着することを「リペア」といいます。
リペアのメリットは前回のまつげエクステンションを残したまま装着するために、新たに装着するまつ毛エクステンションの量を少なくすることが出来、経済的で施術時間もフルで装着するよりも短くなるところです。

まつ毛エクステンションの付け替え「リムーブ」

前回装着したまつ毛エクステンションを専用の薬剤を使ってグルー(接着剤)を軟化させ、全て外すことをリムーブといいます。リペアのように付け足す訳ではなく、全て外してしまうので、まつ毛エクステンションが取れた後にまつ毛に残ってしまったグルー(接着剤)や、根元に溜まった皮脂や落としきれなかったメイクなどの汚れを除去することが出来るというメリットがあります。

なぜ「リペア」だけではいけないの?

お財布に優しい上、施術時間も短く済んで魅力的な「リペア」。だからといって、「リムーブ」を行なわずに「リペア」ばかり続けていると、自まつ毛に負担がかかってしまうというリスクがあるのです。

根元に汚れが溜まって不衛生!

まつ毛エクステンションは安全面を考慮して、まつ毛の生え際から1~2mm離してつけています。この生え際から1〜2mmnの間には、落としきれていないアイライナーやマスカラなどのメイク汚れや、ほこり、涙、めやにや皮脂などの汚れが溜まりやすくなっています。日々の洗顔で汚れをしっかりと落とし切れていないと、不衛生な状態となり、放置しておくと目の病気のもとや、まつ毛ダニの原因になってしまうことがあります。

負担がかかって弱ってしまう!

まつ毛エクステンションを長い間付けたままで、自まつ毛が伸びてしまうと、接着面がまつ毛の生え際から離れてしまい、自まつ毛の先の方に負荷がかかるために、まつ毛エクステンションが自まつ毛では支えられなくなり、せっかくカールしたまつ毛エクステンションを装着しているのに、自まつ毛自体が下向きに生え癖がついてしまったり、単純に重みで傷んでしまうことになってしまいます。傷んだまつ毛には、次にまたまつ毛エクステンションを装着しても、持ちが悪くなってしまうので、防ぎたいものです。

まつ毛の長さがばらばらで美しくない!

付け足して装着したばかりのまつ毛エクステンションと、元々装着してあったまつ毛エクステンションでは、自まつ毛の生え際からの装着位置が異なるため、長さが美しくそろわず、ばらつきのある、ばさばさとした見た目になってしまいます。
また、ばらつきが酷い場合には、見た目に美しくないだけでなく、ばらついたまつ毛エクステンションが目に入り、目を傷つけてしまうリスクもあります。リスクを回避するために、スクリューブラシを使用するなど、自身でもしっかりケアを行なってください。

どれくらいの頻度がお勧め?

「リペア」ばかりだとまつ毛に負担をかけてしまうとはいえ、毎回「リムーブ」を行なうのはお財布に優しくないし、時間もかかってしまいます。では、どれくらいの頻度で取り入れるべきなのでしょう?

3〜4ヶ月に1度は必ずリムーブを

Frill Eye Beauty(フリル アイ ビューティ)では、まつ毛の生え変わりのサイクルを考えて、3〜4ヶ月に1度の「リムーブ」をお勧めしています。これくらいの頻度で行なえばまつ毛のばらつきもさほど気にならず、衛生面でも安心です。
まつ毛エクステンションは、目元を美しく見せる上に、メイク・メイクオフの時間が短縮できる、年齢問わず現代の女性に人気の美容法です。
是非、正しいメンテナンスを行なって、まつ毛エクステンション生活を楽しんでください。