まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

まつ毛エクステンションとお風呂♡

2019.02.01 | ライフスタイル

カラーやパーマをした日はお風呂を避けた方が長持ちするなど、美容師さんに言われた経験はありませんか?まつ毛エクステンションも同じように、入浴方法を気をつけると持ちが良くなります。
今回はまつ毛エクステンションとお風呂について、お伝えしたいと思います。

まつ毛エクステンションをつけたら入浴時に気をつけなくてはならない?

まつ毛エクステンションを装着した後のサロン帰りの美まつ毛を維持するために、入浴時に気をつけなくてはいけないことをご紹介します。

施術後は5時間程度入浴しない

まつ毛エクステンションはグル—(接着剤)で地まつ毛に装着する施術です。装着してすぐはグル—が完全に乾いていない状態ですので、施術当日のお風呂は施術から5時間程度は空けるようにしてください。(施術後どれくらいかは、サロンが使用するグル—によって異なりますので、施術したサロンにご確認ください)
直接お湯がかからなければ大丈夫ではないかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、お風呂には湿気が大量にあるので、できるだけ避けた方が良いでしょう。
これは、グル—は高温多湿に弱いという性質があるためです。
お風呂と同じく、プールやホットヨガなど、水に濡れたり汗をかくような運動は避けるようにしてください。

入浴中はシャワーに注意

入浴するとき、気をつけなくてはいけないのはシャワーです。洗顔時にはシャワーを顔にかけたくなるものですが、洗面器や手を使って、優しく洗うようにしてください。
シャワーを直接顔に当てると、勢いでまつ毛に衝撃を与えてしまい、乱れてしまう可能性がありますし、グル—はあまり熱にも水にも強くありません。優しく扱ってあげてください。

必要以上の入浴は避けて

体があたたまったら必要以上に長く入らずにさっと出てしまうのが、まつ毛エクステンションを長持ちさせる秘訣です。
グル—が苦手な高温多湿な環境に長く居ることが避けるのが無難です。
必要以上にお風呂に入ったり、長時間のサウナや半身浴は頻繁に行なわない方がまつ毛エクステンションの維持には有効です。

まつ毛エクステンション装着時の洗顔方法

入浴時に注意する点はお伝えした通りです。ここからは、入浴時の洗顔で注意すべき点をご紹介しましょう。

まつ毛エクステンションOKのクレンジングを使用する

洗顔時に注意すべきは使用するクレンジング。オイルクレンジングは避けるようにとの記事も多く見かけますが、現在ではオイルクレンジングでもまつ毛エクステンションに対応しているものもあります。オイルクレンジングで無いものでもグル—を劣化させてしまう成分が入っているものも中にはありますから、まつ毛エクステンションOKのものを選択して使用するようにしてください。

指で優しく撫でるように洗う

既にお伝えしましたが、顔に直接シャワーを当てるような洗顔は避けてください。また、アイメイクを落とす際にコットンでオフする方も多いとは思いますが、コットンがまつ毛エクステンションにひっかかってまつ毛エクステンションを乱れさせてしまう原因にもなりますから、こちらもお勧めはできません。
洗顔の際は指で優しく上下に撫でながら洗います。まつ毛エクステンションは横の刺激に弱いのですが、上下なら刺激を与えずにしっかりと洗うことができます。

ぬるま湯で流す

まつ毛エクステンションのグル—はあまり熱には強くありませんから、流すときは両手でぬるま湯をすくって優しくながしましょう。
体温よりも高温のお湯を使うことはグル—の劣化だけでなく、皮脂の取り過ぎやセラミドなど天然保湿因子の流失を招き、肌の乾燥に繋がります。お肌にもまつ毛エクステンションにも適したぬるま湯を使いましょう。

お風呂の入り方を少し変えるだけで美まつ毛が維持できる!?

せっかくまつ毛エクステンションを装着したのだから、少しでも長くサロン帰りの美しさを維持したいでしょう。入浴時にほんの少し気をつけるだけで、持ちはぐっとあがりますから、是非実践してくださいね。

入浴後のケアもポイントに

入浴後のケアも実はポイントに。まつ毛エクステンションは長時間水に触れていることに強くありません。入浴後は速やかに乾かしましょう。
しかし、急いでいるからといってタオルでごしごしとこすってはいけません。タオルはとんとんと優しくあてて水気をとりましょう。その後はティッシュで細かな水気を取ります。
その他、ドライヤーの冷風で乾かすという手もあります。ドライヤーで乾かす際には20〜30センチ離して、優しい風圧で乾かしてださい。

まつ毛エクステンションを長持ちさせて、いつまでも理想のぱっちりアイを保ちましょう!