まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

まつ毛エクステンションのコーティング施術のメリット

2020年3月10日 | フリルニュース

マツエクをした女性

まつ毛エクステンションサロンのメニューを確認した時に「コーティング」や「コート」などのメニューを見かけたことがありませんか?このコーティングやコートってどんな施術だろうと感じた方に向けて、今回はコーティングメニューのあれこれをご紹介したいと思います。

サロンメニューにあるコーティングって何?

まつ毛エクステンションサロンのメニューにある「コーティング」。まだ試したことのない方はそのメリットについて知るところから始めましょう。

まつ毛エクステンションの持ちをよくするものです!

コーティング施術の目的はシンプルに「まつ毛エクステンションの持ちをよくするため」です。
まつ毛エクステンションが取れてしまう理由は2つ。まつ毛と一緒に抜けてしまうか、まつ毛がまつ毛エクステンションから外れてしまうかのどちらかです。
まつ毛には生え変わりの周期がありますから、これが理由で抜けてしまうまつ毛に付いていたまつ毛エクステンションは諦めるしかできません。
しかし、まだまつ毛は残っているのに、何らかの原因でまつ毛から外れてしまうまつ毛エクステンションを極力少なくすることはできるのです。
そのための施術がサロンで行うコーティングなのです。
サロンによって値段は違いますが、一般的には数百円でできる施術ですので、持ちが良くなることを考えればコスパが良い施術と言えるでしょう。

まつ毛エクステンションの持ちを良くするコーティングの働き

まつ毛エクステンションの持ちと密接に関係しているコーティング。さて、どういう理屈で持ちを良くしているのでしょうか?そのメカニズムを探りましょう。

より強くまつ毛に接着する

通常まつ毛とまつ毛エクステンションの接着にはグルー(接着剤)を使用します。コーティングはこの上からコーティング剤を塗布する施術です。
接着面だけで支えていたまつ毛エクステンションとまつ毛を上からコーティングするように固定できるので、より強く接着することができて外れづらくなるという訳です。

油分や水分によるグルーの劣化を防ぐ

グルーは油分や水分に弱く、劣化してしまう性質があります。この上にコーティング剤を塗布すると、接着部分が包み込まれるため、直接油分や水分にグルーが触れなくて済むようになるために、劣化防止に繋がるのです。
特にまつ毛エクステンションを装着してからの24時間は出来るだけ水分と油分を避けた方が良いとされているため、この期間に効果を発揮します。

まつ毛エクステを衝撃から守る

コーティング剤は乾いても柔軟性のある素材です。塗布時にまつ毛とまつ毛エクステンションの間のわずかな隙間に入り込み、クッションのような役割を果たします。
まつ毛エクステンションに知らず知らずに与えてしまっている衝撃を持ち前の柔軟性により吸収・分散して、衝撃を抑えることができるため、外れにくい状態になるのです。

コーティングを行なって理想の仕上がりを長く持続させよう

コーティングメニューの良さがわかって、挑戦してみたくなった方も多いのでは?コーティングするだけで次回のメンテナンスまでいつもより多いまつ毛エクステンションが残っているなら嬉しいですよね。

透明と黒のコーティング剤で見え方が異なります

早速コーティングをやってみよう!と思った方へ。コーティング剤には透明のものと黒いものがあります。サロンによって両方用意しているところもあれば、片方しか用意していないところもあるので、事前にカラーを聞くと良いかもしれません。
透明と黒では仕上がりが少し異なります。透明だと元のまつ毛エクステンションの仕上がりのままですが、黒だとマスカラを塗るのと同じ要領で少しボリュームが出た印象になります。
仕上がりまでイメージしてアイリストと相談して取り入れてみてください。