まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

まつ毛エクステンションの持ちと美容液の密接関係

2019.07.11 | ライフスタイル

まつ毛エクステンションを装着すると、自まつ毛は見えなくなりますし、まつ毛エクステンションさえ長ければ目ヂカラが出ます。だからといって、まつ毛のケアを怠ってはいませんか?まつ毛エクステンションをしていても、美容液などのアイテムでケアすることは大切です。なぜなら、まつ毛エクステンションの持ちとケアは大きく関係しているからです。

まつ毛が弱るとまつ毛エクステンションの持ちが悪くなる

まつ毛エクステンションはまつ毛1本1本に人工まつ毛を装着する美容法。だからこそ、まつ毛エクステンションはまつ毛が弱ってしまうと持ちが悪くなってしまいます。

細くなると乱れやすくなる

自まつ毛のハリコシが失われたり細くなったりしてしまうと、まつ毛がまつ毛エクステンションを支える力が弱くなってしまいます。これによって、装着したばかりだとキレイに整列されていたまつ毛エクステンションが、時間が経つにつれてあっちこっちを向いて乱れてしまうようになります。乱れたまつ毛エクステンションは、引っかかりやすくなり、持ちが悪くなってしまいます。それに見た目の美しさも損なわれてしまいます。

抜けやすいとエクステも抜ける

まつ毛が弱ると、抜けやすくなってしまいます。まつ毛エクステンションはまつ毛1本1本に装着していますから、まつ毛が抜けると当然一緒にまつ毛エクステンションも抜け落ちてしまいます。抜けにくい強いまつ毛を育てることがまつ毛エクステンションの持ちに繋がるのです。

短くなると外れやすくなる

まつ毛が弱って切れてしまって短くなってしまうと、希望の長さのまつ毛エクステンションを装着できなくなってしまいますし、まつ毛とまつ毛エクステンションとの接着面が少なくなってしまうので、外れやすくなってしまう原因にもなります。

生活習慣によってまつ毛は弱ってしまっている

まつ毛が弱るとまつ毛エクステンションの持ちが悪くなることはわかりました。では、まつ毛が弱ってしまう原因とは何なのでしょうか。検証していきましょう!

紫外線や乾燥などのダメージ

この季節には気をつけないといけないのが紫外線や空調設備による乾燥ダメージです。紫外線によってまつ毛のキューティクルがダメージを受けると、内部の水分やたんぱく質が逃げ出してしまい、中身がスカスカの弱ったまつ毛が出来上がってしまいます。

ストレスによる生え変わり周期の乱れ

まつ毛も髪と同じように、生え変わりの周期が存在します。肌でいうターンオーバーです。ストレスや生活習慣の乱れにより、うまく生え変わらなかったり、抜けたのに生えて来なかったりと、生え変わりの周期が乱れて、まつ毛が弱ってしまうこともあります。

エイジングによる細胞力の衰え

年齢とともに、細胞の働きは衰えてしまいます。まつ毛をつくるのに大きな役割を担っていた毛母細胞やまつ毛まで栄養を運んでいた細胞がうまく働けなくなると、まつ毛は少しずつ弱ってしまうのです。
実際に若い頃と比べてまつ毛は細く薄くなっていく傾向にあり、20代と50代の年齢差では長さが0,6mmほど短くなり、ボリュームは1割ほど減少してしまうと言われているのです。

 height=

結論、美容液でまつ毛エクステンションの持ちは良くなる

まつ毛美容液はダメージにより弱ったまつ毛を補修し、細胞を活性化させて生え変わりの周期を整える効果が期待できます。だからこそ、まつ毛エクステンションの持ちを良くするためにはまつ毛美容液が必須なのです。
ただし、使用するのはまつ毛エクステンションに使用しても良いものを選んでくださいね。

「伸びるから持ちが悪くなる」は間違い

まつ毛美容液を使用するのに、まつ毛エクステンションをつけたまつ毛が伸びてしまったら、逆に持ちが悪くなってしまうのでは?と考える方もいらっしゃいますが、それは間違いです。
まつ毛美容液でまつ毛のハリやコシを取り戻すことでまつ毛エクステンションの持ちを良くるすことができます。是非一度ためしてみてはいかがでしょうか。

Frill Eye Beauty(フリルアイビューティ)で取り扱っているまつ毛美容液や、その他まつ毛エクステンションの持ちが良くなる取り扱いについてはこちら