まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

ダメ!絶対!セルフまつ毛エクステンション

最近まつ毛エクステンションをご自身でつける“セルフ”施術をされる方がいらっしゃいます。ネット検索でも複数の記事がヒットして、まるで良いもののように紹介されていますが、資格を持つ私たちプロからすると大変危険な行為です。目は体の中でも繊細な場所です。大きなトラブルにならないように、危険な行為は避けましょう。

セルフまつ毛エクステンションによるトラブルが増えている

セルフまつ毛エクステンションについて、最近ネット等で紹介されるようになり、挑戦される方が多くなっています。それとともに、トラブルも増えているのです。

セルフまつ毛エクステンション、良い話だけじゃ無いんです!

いつでも自分のタイミングですぐに付けられて、サロンでして貰うよりも安価にすむためコストパフォーマンスも良いと紹介されることの多い、まつ毛エクステンションのセルフ施術。
でも良いことばかりではありません。
サロンでまつ毛エクステンションの施術を行えるのは、美容師免許を持った知識と技術のあるものだけと限られています。それは目元というのは繊細でトラブルを引き起こしやすいからです。
また、知識と技術のあるアイリストでも、自分でまつ毛エクステンションを装着することはありません。それはやはりいくら技術があっても、自身への施術は危険だからです。

セルフまつ毛エクステンションのトラブル原因

危険だと言われても、どんなトラブルが起こってしまうのかわからなければ、いまいちピンと来ないかもしれません。そこで、まつ毛エクステンションのセルフ施術で起こりうるトラブルをご紹介しましょう。

目をグル—やツイーザーで傷つけてしまう

最も怖いのが目に異物が入ってしまうこと。何らかの原因で手元がくるって、まつ毛エクステンションを掴むためのツイーザーで目を傷つけてしまっては、まつ毛エクステンションどころではありません。下手をすれば視力低下や失明にも繋がってしまいます。
また、まつ毛エクステンションをまつ毛に装着するための接着剤であるグル—は揮発性があります。セルフまつ毛エクステンションは目を開いて行いますから、グル—が揮発して目に入ってしみて痛みを感じてしまうこともありますし、失敗してグル—自体が目に入ってしまうと、強烈な痛みに繋がり、目にダメージを与えてしまいます。

まぶたにグル—がついてかぶれてしまう

グル—は本来まつ毛に接着するために使用するものですから、皮膚についてしまうことを想定してつくられていません。もしもまぶたについてしまうと、皮膚がかぶれたり、腫れたりしてしまうような肌トラブルに繋がりかねません。アイシャドウやアイラインで飾り立てたいまぶたです。腫れたりしてしまっては、せっかくの目元が台無しです。

まつ毛にダメージを与えて減ってしまう

まつ毛エクステンションはまつ毛1本1本にまつ毛エクステンションを装着するのが一般的ですが、セルフまつ毛エクステンションでは複数本のまつ毛にエクステンションを装着してしまうことが多いです。すると、まつ毛1本ずつの成長のスピードは違いますから、1本まつ毛が抜けてしまったときに本当は抜けるはずでなかったまつ毛も、まつ毛エクステンションで繋がっていたために一緒に抜けてしまうことにもなりますし、正しい方向に成長できずに、おかしな癖がついてしまうこともあります。
また、グル—の使用量の加減ができずに、まつ毛に必要以上にグル—を塗布してしまい、ダメージを与えてしまうこともあります。
せっかくの大切なまつ毛を減らしてしまう原因にもなるのです。

安心安全のプロフェッショナルにお任せを

手軽だからと飛びついてしまいがちなセルフまつ毛エクステンションですが、トラブルも多いという落とし穴があることを忘れてはいけません。安全のためにもサロンでプロに施術してもらうようにしてください。

薬剤や目のことについて知識を身につけている

まつ毛エクステンションは、現在は美容師免許を持った者のみが施術を許されていますが、何年も昔は無免許でも施術を行うことができました。しかし、様々なトラブルが発生したために、現在は免許取得者のみに施術が許されている状態です。
グル—の正しい使い方や目の構造などについて、アイリストはしっかりと学んでいますから、トラブルが起こるようなことは殆どありません。

まつ毛一本一本にエクステンションを装着する技術がある

自分でまつ毛エクステンションを装着すると、しっかり見えないこともあり、1本1本にきれいにまつ毛エクステンションを装着することが難しく、複数本にまたがって装着してしまうことがあります。そうするとまつ毛の成長の妨げになってしまいますから、プロの施術で1本1本に美しく整列したまつ毛エクステンションを装着してもらいましょう。
まつ毛へのダメージも防げますが、見栄えも大きく変わります。

安全のための取り組みをおこなっている

サロンでの施術の際には目元にテープを貼ります。これは施術効率を上げる目的の他に、関係のない下まつげにグル—が付着しないようにしたり、アクシデントによるツイーザーの先端から皮膚を守る役目があります。その他、涙やグル—が垂れてしまったときに吸収して、目を守ってくれます。
また、グル—による揮発で目を痛めないように、専用の備品で空気を吹きかけて乾かしてから施術を終えるようにするなど、安全を考えた施術を行っています。