まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

マツエクをいかして洒落顔に! やさしい暖色カラーで3種類の初夏メイク!

2018.04.28 | デザイン トレンド

初夏顔に一瞬で変われる、色とりどりのキレイ色コスメ。でも大人が取り入れるのって勇気がいるし、ちょっぴりハードルが高い気も。けれど、ピンクやオレンジ、優しい暖色なら、取り入れやすいはず!フリルアイビューティがまつ毛エクステンションを生かした初夏メイクをご紹介します。

覚えておきたい初夏メイクのセオリー

秋冬メイクから大幅に変える必要はないけれど、少しの手順や気持ちを変えるだけで何だか新鮮!そんな大人の初夏メイクを披露します!

薄着になる初夏はメイクも“軽やか”にバランスをとって

気温がどんどん高くなって、ファッションがどんどん薄着になるのにメイクだけ寒かった冬を引きずって、濃い色を使ったり、きちんとメイクをしていると顔だけが浮いてしまってアンバランスな印象に。軽やかなワンピースで過ごす日には、優しいカラーのアイシャドウを使ってみる。Tシャツにデニムならヌーディメイクに元気色リップなど、ファッションとメイクをコーディネートすると、それぞれお互いの良さを引き立てて、こなれた大人な印象になります。

順番に決まりナシ!目元や口元、ポイントにするところからメイクをする

アイメイクから始めて、チーク、アイブロウ、リップ…。どこかの美容雑誌や自分の決めた順番に捕われていると、メイクが仕上がってから、全体のバランスが悪くなってしまうなんてことも。今日主役にするのはリップか、アイか…?主役を決めて、そのパーツからメイクするようにすると、うっかり仕上がってから全体が濃くなりすぎてしまったり、メイクのバランスがおかしくなったりしてしまうことなく、まとまって満足のいくメイクに仕上がりやすくなるんです。

カラーを見方に。大人こそ色味で遊ぶ余裕をもつ

誰にとっても必ず、自分にとって一番似合う定番メイクやカラーがあると思います。でもそれ、本当にそうですか?年齢と共に顔は変わるし、流行も変化するもの。もしかしたら思い込みかもしれません。季節とともにファッションが変わるようにメイクもどんどん更新して!ファッション感覚でカラーメイクを楽しむ余裕が大人の美しさの秘訣。自分の限界を決めずに、新たな自分に出会うためにもカラーを見方につけて。

キレイの土台「似合うアイラッシュでメイクを華やかに」

さて、初夏メイクを施す前に、キレイの土台となる「似合うまつ毛エクステンション」を装着しましょう。このアイデザインを元に、メイクを施していきます。

顔と目のバランスを整える「離れ目解消デザイン」

モデルさんのお顔が少し離れ目なので、目が少し寄って見えるように、目頭側にボリュームを出して、中央を長めにデザインします。
ぱっちりアイにまつ毛がかかってしまわないように、一番長いところを10mmに留めた短めのCカールをオン。
女性らしい丸みを帯びたアイラッシュデザインでつり目がちなキャットアイを優しい印象に。

《まつ毛エクステンションデザインレシピ》

本数 :120本
カール:Cカール
太さ :0,06mm
長さ :9m 10m
配置 :中央長め
(ボリュームラッシュD2・D3 使用)

やわらかカラーで初夏の洒落顔メイク

ピンクやオレンジ。初夏に合う上に、挑戦しやすい優しい暖色カラーを使って、こなれ感のあるお洒落な初夏フェイスに変身しましょう。

LIP MAKE「脱・赤リップ!唇に高揚感のあるビタミンオレンジ」

手っ取りは早くカラーを楽しめるのがリップ。冬に大活躍した赤リップは“きちんと”感が出るため、初夏はもう少しヌーディに、そして明るい印象を与えるオレンジをチョイスして、大人の肌映えを意識。

■HOW TO MAKE-UP
全体には薄く塗って、上下の唇の接着面を濃く塗って立体的に仕上げることで、触れたくなるようなふっくら唇に仕上げます。唇の輪郭がはっきりすると重たく見えるので、あえて指先をツールとして使うのがポイント。指でのせることで馴染みやすく、濃さを調節できます。

■使用アイテム

リップ:ジョルジオ アルマーニ ビューティ エクスタシー シャイン 201 HB1

《他のパーツのメイク》
アイシャドウはベージュ系をチョイスしてヌーディな雰囲気に。リップを主役にするため、チークをいれない引き算メイクで、流行のお洒落顔。


キコ ミラノ クリームラディアンス ハイライター01

CHEEK MAKE「ふんわりやわらかな血色ローズで初夏の高揚感を」

大人の表情に明るさと高揚感をもたらしてくれる優しいピンクで、甘過ぎない大人のフェミニンメイク。優しい雰囲気のお洒落顔は敵知らず。

■HOW TO MAKE-UP
黒目と小鼻の横を結んだところから放射線状に3方向へ広げて、ふんわり上気したような自然なピンクをグラデーションで表現。大きなチークブラシを使用することで、美しく広げることができます。

■使用アイテム

チーク:マック ミネラライズ ブラッシュ グリーフル

《他のパーツのメイク》
血色感を出すために、リップにもほんのりベージュピンクをしのばせて。アイシャドウは控えめにベージュを添えて、上気したような大人のフェミニン顔を手に入れる。

キコ ミラノ クリームラディアンス ハイライター01
シュウ ウエムラ・ルージュ アンリミテッド ♯BG935 N 

EYE MAKE「ソフトピンクで眼差しにやさしさを添える」

ついついブラウンやベージュ系で固定しがちな目元に、初夏らしい優しいピンクを。使い慣れたブラウンを一緒に使用すれば挑戦しやすいし、腫れぼったく見える心配なし。

■HOW TO MAKE-UP
ピンクを上下まぶたに広めにオン。チップでは無くブラシをつかって、均一にのばします。まぶた側にココアブラウンをのせて、指でぼかして完成。ココアブラウンは目頭側に少し広めにのせると、離れ目が解消できます。逆により目さんは目尻側に広めにのせると◎


A:ピンクシャドウ B:ココアブラウンシャドウ

■使用アイテム

アイシャドウ:ルナソル デュオ・ドぅ・ショコラアイズ ♯EX02

《他のパーツのメイク》
アイシャドウに入れたピンクを引き立たせるために、チークとリップは引き算!チークはベージュ×ローズを淡くのせて、リップはベージュ系の落ち着いたピンクをセレクト。

ボビィ ブラウン シマーブリック ローズ
シュウ ウエムラ・ルージュ アンリミテッド ♯BG935 N 

ファッションに合わせた初夏フェイスでお出かけを

ピンクアイシャドウのメイクに合わせてパープルのお洋服でお出かけ。メイクに合わせて考えれば、毎日のコーディネートも心が踊る!似合うまつ毛エクステンションと初夏のメイクで、自分をもっと楽しんで。