まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

もしもまつ毛が目に入ってしまった時の対処法

まつ毛にも髪と同じように生え変わりの周期があります。この周期は1ヶ月ほどと言われていますが、そうやって生え変わりの時期になって抜けてしまったまつ毛が目に入ってしまった!というトラブルには誰でも経験したことがあると思います。そのまま目に入ってしまったまつ毛見失ってしまうと、目の裏側に入ってしまったんじゃ!?と不安になってしまいますよね。さて、まつ毛はどこに行ったのでしょう。

まつ毛はどこにいったのか?

目にまつ毛が入ってしまったとき、黒目の上にあるとごろごろして痛かったり、違和感があると思いますが、自然と目の奥に入って消えてしまうことってあると思います。こんなとき、眼球の裏側にいってしまったんじゃないかと不安になってしまいます。

安心してください。眼球の裏には行きません。

眼球は結膜にぴったりと覆われているため、眼球の裏側に入ってしまうということはありません。まつ毛だけでなく、目をこすっていたらコンタクトがどこかにいってしまった!ということもあると思いますが、こちらも同じこと。いつの間にかとれてしまったか、まぶたの裏のポケットに入っていることが殆どです。
あくまでポケットに入り込んでいるだけで眼球奥深くまで届き、悪さをするということはありません。
殆どの場合、涙に混じったり、目やにとなって自然にでてきてしまっているはずです。
痛みを伴わない場合、無理にとろうとやっきになる必要は無さそうです。

 height=

どうしてもとりたい時の対処法

自然と出て来るとわかっていても、どうしても気になる場合や、少し違和感があるときには、やはりとってすっきりしたいと思うもの。目を傷つけることなく取り出す方法をご紹介します。(どれもやりすぎや無理は禁物です)

きれいな水や洗浄液で目を洗う

目を洗うための洗浄液か、きれいな水で目を洗いましょう。洗うとは言え、こすったりしては眼球を傷つけてしまうのでいけません。たっぷりの水の中で複数回瞬きをしてください。自然とごみやまつ毛が水の中に出て来るはずです。

目薬を多めにしてみる

女性ならば日中メイクをしていることが多いでしょう。そんなとき、目をザブザブ洗うことはできませから、目薬で対処してみてください。いつもより多めに目薬をさすと、目に入り切らずこぼれ出る目薬と一緒に、入ってしまったまつ毛やゴミが出てきてくれることがあります。

濡れた綿棒で対処する

まぶたを裏がえして異物が見えれば、清潔なガーゼや綿棒でそっと取ってください。ただ、まぶたの裏側のポケットに入ってしまっていたら、やはり見えないので、この方法がとれない場合もあります。

どうしても気になるときは病院を受診

異物感があるのに、原因のまつ毛やごみが見当たらない場合は、眼科を受診してください。この場合、原因はまつ毛やごみではなくて、病気の場合もあります。
気になるからといって、擦ってしまうようなことがないように!
また、目が開かない程の痛みがあるときは、無理にご自身で対処せず、必ず病院へ。

清潔な目元でキレイを楽しんで

という訳で、目の中に入ったまつ毛やごみが見えなくなっても、眼球の裏側には入っていないということ、それに目に負担なく目に入ってしまったゴミをとる方法がわかりました。

こするのは絶対NG!目を大切に

目に異物が入ると、無理に擦ったりしてしまいがちですが、ぐっと抑えて。もし擦ってしまって眼球の表面に傷がついてしまうと目の保護機能が低下して細菌が繁殖してしまい、病気の元にもなりかねません。目に不具合が出てしまうと、メイクやまつ毛エクステンションを我慢しなくてはならなくなることもありますから、正しい対処を知っておくことが大切ですし、キレイな目元を楽しむことにも繋がります。