まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

目の充血の原因は?美しい目には白目も重要。ケア方法もご紹介!

2021年6月18日 | ライフスタイル117

微笑む女性

朝起きて鏡を見たら目が充血してしまっていた。なんてことはありませんか?目が痛かったり、かゆかったりして赤く充血するのはわかりますが、痛みも痒みも感じず赤くなっているのだとしたら、原因は何なのか気になります。大切な日に真っ赤な目で過ごさなくてはいけないなんてことにはならないように、原因と対策を知っておきましょう。
美しい目元には、透き通るように白い白目も重要です。肌だってそう。きれいにメイクしても、トラブルで赤くなってしまっていては、台無しです。
という訳で、今回は毎日を美しく過ごすための充血対策についてご紹介します。

知ってる?目の充血の原因

まずは、目の充血がどんな時に起こるのかを知っておきましょう。目は体の中でも特に繊細な部分です。場合によっては医療機関の受診も考慮しなくてはいけません。

病気による炎症

目の充血がなかなか治らない場合は病気という場合もあるので注意が必要です。結膜炎やドライアイなどは充血を引き起こしますし、アレルギー性鼻炎なども目に痒みを伴い、さらに充血になってしまうこともあります。
特に痒みや痛みを伴う場合には注意が必要ですので、自己判断せずに医療機関を受診することをお勧めしています。

外部からの刺激

目にゴミが入ったり、コンタクトがズレてしまって目に刺激を与えて充血してしまった経験は誰にだってあると思います。目に刺激を与えないように優しく取り除くようにしましょう。目は繊細な臓器です。絶対に擦ったりすることのないように注意しましょう。
また、ゴミだけでなくアレルギー物質や紫外線も多く浴びすぎると目を刺激し、それにより充血を引き起こします。

疲れ目や寝不足

パソコンやスマートフォンを使い過ぎたり、寝不足が続くと目が充血してしまうことがあります。
病気や刺激を与えていないのに、目が赤くなるのは不思議ですが、目を酷使しすぎると充血を起こしてしまうのです。
また、アルコール類を飲み過ぎた時にも目が充血を起こしてしまいます。
目を大切にする習慣をつけることが重要そうですね。

疲れ目も充血の原因に?そのメカニズムとは

病気やゴミが入った訳でもないのに目が充血するなんて、一体目はどういった理由で赤くなってしまうのでしょう。寝不足や疲れ目で充血してしまう理由を解説しましょう。

栄養や酸素を送るために血流が活発に

充血とはそもそも、目の血管が膨らんだ状態のことです。実は白目の表面を覆う結膜には毛細血管が張り巡らされています。普段は微量の血液を運んでいるだけなので、白目に血の赤が写ってしまうようなことはありませんが、血流量が多くなると毛細血管が太くなって、血管が赤く現れてしまうのです。
疲れた目は栄養や酸素が不足した状態になっています。この状態を回復しようと、血液と一緒に栄養や酸素が活発に運ばれることで血管が太くなり、充血してしまう訳です。
パソコンやスマホを使用して充血してきたら、目を酷使しているというサインなのです。

また、アルコールを飲んだ場合の充血は少し違っていて、アルコールによって血流が良くなるために、血管が膨らんで充血が引き起こされます。同じ充血でも微妙に理由が違うのがおもしろいですね。

充血の原因、疲れ目を避けるために

疲れ目による充血を避けるためには、規則正しい生活習慣を心がけて。美しさは健康の上に成り立つもの。自分の体を大切にしてこそ、美しい人になれるのです。

規則正しい生活習慣

寝不足で起きている状態が長くなるということは、目が休んでいないのと同じ状態で、さらにまぶたを長く閉じていないので乾きやすくなってしまいます。つまり、寝不足イコール疲れ目。目は疲れた状態だと酸素や栄養素を取り入れて回復しようとするので、血流量が多くなり、充血が引き起こされます。
睡眠をたっぷり取れる、規則正しい生活を心がけましょう。睡眠はほぼ美容液。質の良い睡眠はお肌や髪の状態さえ良くしてくれます。美しさに睡眠は不可欠です。
また、目にしっかり栄養を与えられるように、バランスの取れた食事も心がけると良いでしょう。

パソコン・スマホの使い過ぎ対策

人は集中すると瞬きをする回数が減ってしまいます。パソコンやスマートフォンに集中している状態は瞬きの回数が減って目を酷使してしまいがち。
適度な休息を取ること、画面と距離を取ること、画面を明るくしすぎないことで、少しでも目の負担を減らしてあげましょう。気がついた時には長めの瞬きをしてみてください。

目薬で目に栄養補給

酸素や栄養が足りなくて、自力で目に栄養を運ぼうと充血を引き起こしている目ですから、直接栄養素を与えてサポートしてあげることも大切です。充血に効果的な目薬を選んで使用しましょう。ドラックストアなどで手に入りますが、医療機関で処方してもらうと安心かもしれません。
目薬は応急処置ですから、普段から生活習慣やパソコン・スマートフォンの使い方に気を付けることが需要と言えそうです。

関連記事1:もっと目をきれいに魅せる!白目ケアで美しいひとへ。
関連記事2:温める?冷やす?アイビューティの専門家が教える疲れ目ケア