まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

まつ毛エクステンションでタレ目印象へ

2019年12月26日 | デザイン トレンド

まつ毛エクステンションでタレ目印象へ

優しい印象になるタレ目に憧れる女性は多いのではないでしょうか。まつ毛エクステンションならナチュラルに目元をタレ目風に演出することができます。いつもはキリッとハンサム顔の方もイメージチェンジにタレ目風のまつ毛エクステンションはいかがですか?まつ毛エクステンションでイメージは自由自在に操れるんです。

優しいタレ目に憧れる女性が多い!?

可愛らしい雰囲気を醸し出すタレ目。タレ目といえば今女性からも熱い人気を誇る田中みな実さんや深田恭子さんなど人気タレントや女優さんにも多く、以前から人気の目元印象です。なれるものならなりたいと思う女性も多いはず。

ナチュラル見えするまつ毛エクステンションでのアプローチが人気

タレ目に見せるメイクなどにも人気が集まっていますが、まつ毛エクステンションで生まれながらにタレ目のような自然なタレ目に見せることができるというのはご存知でしたでしょうか。
例えばこちらの目元。目尻が下がって優しい雰囲気に見えますが、まつ毛エクステンションを外すと、実は目頭よりも目尻の位置が高い、軽いつり目だということがわかります。
線を描きたしたりと不自然なアプローチをしなくても、まつ毛エクステンションなら自然にタレ目のような優しい印象にできるのです。

《タレ目風After》
タレ目風After

《つり目ABefore》
Before

基本の優しい目元のつくり方

まつ毛エクステンションでつくる基本的な優しいタレ目風の目元のつくり方をご紹介します。先ほどご紹介した目元もこの方法で演出しました。タレ目とは目尻が下がっている形。だから目尻の部分が下がっているように見せることが重要なのです。

タレ目全体イメージ

【デザインレシピ】
長さ   9mm,10mm,11mm,12mm
カール  Jカール
デザイン 目尻ボリューム

緩やかカールを使う

目尻が下がっているように見せるためには、目尻か全体にゆるいカーブのまつ毛エクステンションを装着しましょう。Jカールがオススメです。Dカールなどしっかり上がったまつ毛エクステンションを使用してしまうと、目尻がキュッと上がったキャットアイのイメージに近くなります。こちらはこちらでキュートなのですが、タレ目を狙うなら優しいカーブを選んでください。

目尻長めのデザイン

目尻を長めにすると、まつ毛エクステンションが少し下がったように見えるので、優しい雰囲気の目元が演出できます。注意しなくてはいけないのが、元々自まつ毛が上がった状態で生えている場合。目尻を長くしても下がった印象にならずにキリッと感が増してしまう可能性があるので、アイリストさんと相談してデザインを決定してください。

11〜13mmの長さで

タレ目見えるおすすめの目尻の長さは11~13mm。今回のモデルさんは一番長いところを12mmで装着して、強調しすぎず、けれどタレ目の効果がわかりやすい程度の長さにしています。11mmだとナチュラルに、13mmだとよりタレ目に演出することが可能です。

印象チェンジで理想のイメージの自分を始める

まつ毛エクステンションのデザインにこだわることで、目元の印象は自由自在に操ることができます。優しいタレ目に挑戦して新しい自分を見つけてみませんか。

Atteintion!!目頭ボリュームでも優しい目元に

基本編として、目尻を長くしてタレ目風に見せるデザインをご紹介しましたが、キリッとした目元を優しく見せる方法はこれだけでは無いのです。
実は逆に目頭にボリュームをも持たせることで、優しいタレ目風の印象に見せることができます。
目頭側を強調して、目の形をまあるい印象に見せて、かつ目尻の印象を抑える手法です。
この方法ならまつ毛が元々ビューラーをしたように上向きに生えていて、目尻長めデザインが逆にキリッとしてしまう方でも、タレ目とまでいかないかもしれませんが、まつ毛エクステンションで自然にキリッと感を緩和できます。

《目頭ボリュームデザインAfter》

目頭ボリュームモデルイメージ

目頭ボリュームモデルイメージ

【デザインレシピ】
長さ   9mm,10mm,11mm,10mm
カール  Bカール
デザイン 目頭ボリューム

《Before》
Before

目元の美容室Frill Eye Beauty(フリル アイビューティ)には黄金比率を使った診断術Re:ratio(リラティオ)があります。
リラティオを使ったアプローチではアイラッシュだけでなく、アイブロウやヘアからも優しい目元に演出できます。
詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓↓
やわらかなやさしい顔立ちに! つり目さんの「Re:ratio(リラティオ)」レポート
黄金比率を使った診断術「Re:ratio(リラティオ)についてはこちら