まつげエクステ専門フリルアイビューティー

BLOG

理想のまつ毛エクステンションの片目本数は?

2019年12月10日 | デザイン

目元の印象を左右するまつ毛エクステンション。デザインを決める上で悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。何を基準に決めてば良いの?片目に大体どれくらいつければ正解?今回はそんな疑問にお答えするための情報をご紹介します。自分らしい目元を楽しみましょう。

まつ毛エクステンションの本数で目元の華やかさが決まる

まつ毛のボリュームをアップをすると目元が華やかになるのは、まつ毛エクステンションだけではなくマスカラや付けまつ毛など、まつ毛メイクを施したことのある方なら既にこ存じのはず。本数は華やかさを決定する要素です。

普段のメイクやシーンに合わせて

華やかさが決定づけられるまつ毛エクステンションの本数は普段のメイクや毎日のライフスタイルに合わせて選択するのがおすすめです。
お仕事で控えめな清楚なイメージが求められる場合は、薄いメイクに合うような本数を、普段からしっかりメイクならもう少し本数を増やした華やかさのあるデザインを選ぶなど、普段のメイクやシーンに合わせて自分らしいデザインを選ぶことが重要です。
もちろんいつもより華やかに変化させてイメチェンを試みるのも◎
いずれにしても仕上がりのイメージを想像しておきましょう。

PICK UP!!表記は基本的に両目表記です

まつ毛エクステンションの本数表記は基本的に片目では無く両目です。100本と表記していれば、左右合わせて100本なので、片目では50本ということになります。
まつ毛エクステンション初心者の方は間違えやすいので注意してオーダーしてくださいね。

理想の華やかさをつくる本数別アイカタログ

では実際にまつ毛エクステンションの本数別の目元デザインを大公開。実際のデザインを参考に自分の目元に似合う本数を探してみて。

オフィスでもバレづらい 80本(片目40本)清楚Eye

装飾しすぎない、清楚さを印象づけるナチュラルボリュームが80本(片目40本)。華やかなメイクがNGのオフィスでのメイクの場合やすっぴんのお顔にも馴染むのが特徴です。

しっかりメイクとも相性抜群 120本(片目60本)上品ボリュームEye

最も人気の定番ボリューム。上品で印象的な目元を演出します。しっかりメイクとの相性も良く、程よいボリューム感が人気の理由です。120本くらいあるとアイライン効果があり、アイラインでまつ毛の隙間を埋める必要が無くなります。

結婚式やイベントでも華やぐ 140本(片目70本)ゴージャスEye

一目見ただけで華やかな印象を与えるボリュームアイで目元を主張できます。イベントや結婚式など華やかな場所にもおすすめ。普段から華やかなメイクを施している方にも選ばれています。

つけ放題メニューについて:そもそもまつ毛がないとつけられない

まつ毛エクステンションサロンを探していると、つけ放題メニューを見かけることが多いと思います。まつ毛エクステンションはまつ毛1本1本にエクステンションを装着する美容法です。ですので、まつ毛の本数が少ないと、まつ毛エクステンションが装着できる本数が限られます。
日本人のまつ毛の平均本数は、両目合わせて約180〜200本と言われています。これはまつ毛の総数の平均なので、生え変わったばかりのうぶ毛のようなまつ毛も含まれます。まつ毛エクステンションは生えたばかりの育ちきっていない弱い毛には装着できませんから、実際に装着できるのはもっと少ない本数です。それに元々平均よりもまつ毛が少ない方もいらっしゃいます。
つけ放題メニューを選んだとしてもそれほど装着できない場合もありますし、まだ育ちきっていないまつ毛に無理に装着してしまってはまつ毛に大きなダメージを与えてしまいます。担当のアイリストにまつ毛の状態を見てもらってから本数を決定することを推奨します。それに、そもそも理想の目元に沢山のまつ毛エクステンションが必要なのかどうかも判断すべきです。
沢山つけているから素敵。という訳ではないのがまつ毛エクステンションなのです。
Frill Eye Beauty(フリル アイビューティ)ではつけ放題メニューはありませんが、まつ毛の状態を見てから本数を提案しています。

華やかさ自由自在!アイラッシュでメイクを楽しむ

目元の華やかさを調節して、自分の理想の目元を楽しみましょう。アイラッシュを変えれば似合うメイクが変わって新しい自分が見つかるかもしれません。

ボリュームは太さより本数で調節

目元の美容室 Frill Eye Beauty(フリル アイビューティ)ではボリュームをアップするのには太さよりも本数で調節することをおすすめしています。
あまりに太いまつ毛エクステンションはまつ毛がその重みに耐えきれずに負担をかけてしまう原因にもなりますから、ボリュームの欲しい方は本数を増やすようにしましょう。
マスカラをひと塗りした程度の1,5mmの太さがポピュラーです。

本数だけでなくまつ毛エクステンションのデザインに迷った時はこちら